すぐ50万貸して欲しい、でもブラックの場合データいつ消える?

スポンサーリンク

すぐ50万貸して欲しい、でもブラックの場合データいつ消える?

今すぐ500,000円必要になってしまいました。誰かに借りたいんですけど、金融機関だと、回ブラックになってしまうと、データが残りますね。どのぐらいたったら、お金を再度借りることできるのでしょうか。あるいは、審査が甘い銀行とかあったら、教えて欲しいです。

すぐ50万貸して欲しい、でもブラックの場合データいつ消える?への回答

ブラックリストにも、いろんな段階があって、その段階によって違うみたいです。
破産宣告をしていたり、債務整理中の人、返済が遅い人、親族から貸し出しの禁止の申請がいる人。これらのうちどの程度のブラックでしょうか?

でも、昔は、やばいブラックであっても、多くのクレジット外車やサラ金が危ない人にもお金貸していましたよね。

それでも、10万から20万くらいまでですが。昔は既に債務整理している人や、常に自己破産しているということでなければ、普通に店舗で堂々とお金を貸している業者がたくさんありました。

しかし今はそういった企業もなくなりました。法律の規制が厳しくなったからでしょうか。

特に、消費者金融が信販会社と提携しているケースでは、信用情報をガッツリ共有しているようです。ですから、ブラックに1度のってしまうと、その情報を抜けてお金を貸してもらう事は難しいかと思います。

一方、裏情報として聞いたことがあるのですが、信用情報を見てない消費者金融があるようです。こういったところなら、少しの金額であれば貸してくれると思います。

でも、現在では、金融業の免許を持っていないヤミ金の業者位では無いでしょうか?

消費者金融のブラックリストなどの主要情報は、借金を全て払っているが、支払いがなくなっている時から、5年です。クレジット系は信用情報は7年と言われています。が、自分の会社では、その情報は永遠に残りますよね。

普通の金融機関は、その会社独自の基準があると思います。ですから、軽いブラックであったらどこかが貸してくれるかもしれません。お金に困って、どうしても貸してほしいからといって、名前を変えたり、住むところを変えたり、情報を操作しても、簡単にばれてしまうみたいです。

審査の甘いところは、アコムのではないかと言う情報があります。だめでもともとでアコムに審査の依頼をしてみてはいかがでしょう。

最悪本当に行き詰まったら、最後はヤミ金、090金融になりますよ。ただしこういった金融は、とても督促慣れした、厳しい取り立てにも慣れた、ホンモノのブラックな人を相手にしています。

なので、取り立ての技も、かなり高度であることを覚悟してください。さらに金利もかなり高額である可能性はあります。さらに、自己破産してても、それでもなおお金を貸してくれる金融もあるみたいです。しかしその際には、無理やりに生命保険に入れられたりするみたいです。まるで韓国映画みたいですよね…

会社への在籍確認をしない金融ってありますか?

私は今、59分にお金を借りたいです。でも職場の人には絶対バレたくないです。500,000しか貸してくれて、職場の在籍確認をしないところはありますか?アコムとかモビットは、職場の在職確認しますか?

会社への在籍確認をしない金融ってありますか?への回答

普通の金融機関で、お金を貸すときに、会社に在籍の確認をしないと言うところはありません。なぜなら、定期収入がない人にお金を貸すことができないからです。まぁもちろん、専業主婦など、一緒に生活している人に定期収入がある人には、貸してくれる場合もありますけれども。そうでなければ、あなたが収入ナシの状態であれば、お金を借りることができません。

なので、職場への在籍確認はどこもすると思います。また、仮に在籍確認をしない会社であっても、50万円まとめて貸してもらうのは難しいと思います。在籍確認なしの金融商品だったら100,000円以内が限度でしょうか。もし本当に500,000円借りたいんだったら、年間300万円以上の収入があること、そしてきちんと会社への在籍確認をクリアすることが必要になると思います。

あるいは派遣会社に登録だけして、かりそめの派遣社員になるにのはどうでしょう。在籍確認が行くのは派遣会社です。別の会社で会社員してる人でも、派遣会社に登録することだけはできますよ。要するに、派遣会社を、在籍確認用の、ダミーの会社にすると言うような感じです。

派遣会社によっては「登録のみで、実際の勤務はしてません」とはっきり言ってしまうところもありますから、まあ裏技というか、これもダメ元でやってみたら?という程度のことですが、どうしても現在の会社に在籍確認されたくない人は検討してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする