年収によって違う、どうしても50万必要なときの対処法

スポンサーリンク

年収によって違う、どうしても50万必要なときの対処法

突然500,000必要になってしまった場合、誰かにお金を借りたいですね。

親や、親族にお金を持ってる人がいたら、そういった人に借りるのが1番安心かもしれません。しかし、親や親族に借りれない人、友達にもお金を借りたくない人は、カードローンや、消費者金融、銀行などにお金を借りるのが1番安全な方法ではないでしょうか。

もちろん、一旦借りたらお金を返さなければいけません。50万借りたいのであれば、どこから借りて、どのように返していくのが1番いいのか、年収ごとにいろいろ下がります。

年収ごとに、どこから借りて、どう返せばいいのかを、考えてから借りるところを決めた方が良いかもしれません。

年収が200万円より少ない方

500,000位借りたいのであれば、年収が2,000,000円に満たない方は、総量規制の対象だと、660,000円しか借りることができません。

これは、年収の3分の1しか、貸すことができないと言う、消費者金融カードローンの貸金業法が関係するからです。ですから、消費者金融にお願いしようとすると、全体で660,000円しか借りることができないと言うことになります。

しかしこれは、法的に66万円が限度と言うことです。審査の段階では、他の会社からいくらか借りていれば、その金額も入れて計算されます。さらに生活状況も含めた総合的な審査をしますから、年収200万円以下の方は、消費者金融のカードローンを選ぶのは少し難しいかもしれません。

主婦の方もそうです。主婦で収入がない方は、消費者金融のカードローンでは総量規制の対象になります。銀行のカードローンが良いと思います。総量規制の対象となっていない銀行のカードローンは、専業主婦で収入がない事でも500,000円を借りることができることがあります。

専業主婦だったら、ご主人に収入があると言うことを条件にして、ある程度のお金を借りることができるカードローンもあります。

年収が200万円以上ある方
200万円以上あって、定期的に安定収入があるのなら、消費者金融のカードローンも借りることができます。さらに銀行のカードローンでも、借りることができます。金額も、問題なく500,000以上借りられますね。

しかし、他の会社に借金があったり、信用情報にブラックリスト年乗っていたりする方は、審査で落ちてしまうことがあります。その場合は、審査の基準があまり厳しくないタイプのカードローンを選ぶ必要があるでしょう。

50万円位のカードローンを選ぶときは
500,000円位のカードローンで借りるときは、以下のようなところを選ぶようにしましょう。

金利が、15%以下の低金利のところを選ぶこと。そうしないと、利息を節約できません。

自分に合った返済計画を立てることができるところ、できれば毎月の返済額が、あまり多くなく、家計を圧迫しないところが良いでしょう。

提携しているATMが近くにあるとか、手数料が安いなど、返済するときに不便ではないこと。

このように、借りやすく、生活を圧迫せず、返済しやすいカードローンを選ぶようにしたほうが、計画的に無理なくお金を解すことができると思います。

50万もの大金を誰かに貸してもらおうとすると、大変ですよね。親や友だちに借りようとすると、いろいろ理由を考えないといけないし、心配されたりしますし。

もし返済に失敗すると、親だったらすごく怒られるし、友だちであれば関係が悪くなってしまうことも考えられます。

そういったリスクがないカードローンはとても便利なのでお勧めではあります。しかし審査の問題や、返済の期間の問題、さらに利息がつくというデメリットも当然あります。

でも、大事な親族や知人、友だちを失うより、多少利息はかかっても、審査とか面倒くさくても、ヘンに気を遣う必要のないカードローンを利用したほうが、色んな面でいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする