親や親族に50万貸してもらうときの理由

スポンサーリンク

親や親族に50万貸してもらうときの理由

誰かに500,000借りたいとき、その理由や、どうして借りたいのか言い訳とか、返すための方法とか回数などをしっかり考えてからお願いしないといけませんよね?

50万欲しいと言う事は、高級な店にデートに行きたいとか、ブランドの最新バックが欲しいとか、友達と旅行に行きたいとか。そういった理由かもしれませんね。

でも、誰かにお金を借りようとするときに、本当の理由を言ってしまうのは、少し危険ですよね。

デートしたいから50万欲しい、旅行に行きたいから50万円欲しい、ブランドバックが欲しいから500,000欲しい……。

本当の理由を、貸してくれる人に、そのまま言ってしまうと、「そんな理由では貸せん」と言われて断られますよね涙。

それに、お金を借りる理由を、本当のことを話すの恥ずかしいと言うケースもありますよね。

さらに、言い方によっては断られてしまうかもしれませんから。

実際の理由を言わないまま、お金を借りると言うのは、少し罪悪感があるかもしれません。お金を貸してもらうというのに、嘘をつくなんて……。

しかし絶対にお金を借りたいのであれば、絶対に断れないような理由や、借りたい言い訳を考えておくほうがいいと思います。

親とか、友人にお金借りるときは、どのような言い方をすれば良いのでしょうか?

貸してもらう理由

まず、親とか、家族にお金を借りるときは、以下のような言い方が効果的だと思います。

それは、生活費が必要だからと言うことです。

あるいは、子供がいるのであれば子供の教育費、あるいは家族がいるのであれば、家族の医療費や、生活支援のためのお金と言うことです。例えば、

家族の関係者の冠婚葬祭

お葬式は、結婚式が重なったとか知人の結婚式に招待されているとか。

突発的に、たくさんお金が入るようになりますよね。こういった冠婚葬祭に必要なので、お金がほしいお金が必要と言う理由です。

実際、結婚式が重なる事は、非常によくありますよね。

あるいは、上司など、会社の関係の人のお葬式。そういったところには、香典や見舞金などをもっていくのが普通ですから。

こういった理由で何度かお金を借りようとしても、特に怪しまれる事はないと思います。とは言え、一括して500,000円借りようとするのであれば、お葬式少し無理があるかもしれませんね。

なので、結婚式が重なったとか、結婚式に着ていく洋服がないとか、会社の部下などに行って、祝い金が必要であるとか、尤もらしい理由をくっつけると良いかもしれません。

給食費とか授業料など子ども関連の理由

もしご家庭に子供がいる場合は、子供の給食代金や店に必要なもの勉強に必要な本などが買えないと言う理由で、お金を借りるのも良いです。

こういった理由でしたら仕方がないと思われやすいです。とは言え、子供さんの給食代金や、学習費用を理由にしますと、「そんなことも払えない位貧乏なのか?」と色々と心配されてしまう可能性もあります。

ですから「今月だけ、ちょっと事情があって、一時的なものだよ」と言ったように、心配させない言葉を付け加えておく必要があると思います。

生活費、光熱費や水道代金などの固定費が足りなくなった

あなたが所帯を持っていたり、一人暮らしをされているのであれば、生活のために必要な家賃や、水道代などが必要ですよね?

これは結構な出費になるので、こういった費用が足りなくなったと言う理由も納得されることでしょう。

その際は、水道代や、電気代などはすぐに支払わないと、電気屋水道が止まってしまう、といった緊急性を伝えるのがポイントになります。

一方、こういった光熱費は高くても数万円位ですから50万ぐらい借りたい場合には、少し他の理由も付け加える必要があるでしょう。

やはり家賃が必要とか、3ヶ月家賃を滞納しているとか、複数の理由をくっつける方法もあります。

しかし、家賃や光熱費、水道代などの固定費がないと、親や親族に告白すれば、やはりお金がないのか?そんなに貧乏か?と心配されますよね。

そう思われてしまわないように、ここでも、一時的に出費が嵩んだとか、事情があった様子を一緒に伝えるといいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする