すぐ50万必要、でも誰にも借りれないとき

スポンサーリンク

すぐ50万必要、でも誰にも借りれないとき

すぐに50万円必要になってしまった。どうしても50万くらい、明日にでも要る。

でも!誰にも借りれない。友だちに貸してもらうにしても50万円は大金だし、絶対断わられるし

旦那に内緒で50万作りたい

妻に内緒で50万がどうしても必要…

そのようにせっぱつまった状態になっている人が、まず考えるのは、カードローンのようなものではありませんか?

借金するのは嫌かもしれませんが、背に腹は代えられませんよね。その50万円が無かったために、人生が狂ってしまうってこともあるのですから。

しかし!無計画に50万、カードローンで借りてしまって、返済はどうするとか考えずにいると、また後から困ることになりますよね。

ですから50万円を借りたら、結果的にいくらくらいのお金を返す必要があるのか、きちんと考えておくのも大事なことです。

カードローンはたいていが「リボ返済」方式ですよね。だから、月々返せるお金の額によって、支払う必要のある利子が変わります。

なので、リボ返済の前にどう返すのか、自分がどのくらい返済できるのかを考えておかないと、「えっ こんなに利息が高いの!返済できない……」となってしまいます。

リボ払いの計画ミスで、借金地獄に陥ってしまう人も結構いますから、できるだけ考えてから、計画的に借りてくださいね!

リボ返済で50万円をカードローンした場合、どうかえすの?

カードローンで500,000円借りたら、お利息は、大抵リボ払いで払うことになりますね。

リボ払いとは、リボルビング返済方式といいます。この方法は、毎月の回数額を、あらかじめ決めていく方法です。

カードローンで、リボ払いをするときは、残りの返済額に応じ、月々返さなければいけない金額が、決まってきます。

つまり、支払額が増えていくほど毎月の返済額が多くなります。

一方、残高が減っていけば、毎月の返済額が少なくなります。リボ返済をすれば、残っているお金に応じて、月々に返済しなければいけない額が、最初から決まっています。

ですから、お金を返していく計画が、結構立てやすいと言う方法です。そのため、毎月のお給料からいくら払えばいいかもはっきり分かるので、サラリーマンや、OLの方々に人気の返済方法ですね。

とは言え、もちろん、都合の悪い部分もあります。

それは、残高が減っていくにもかかわらず、完済するのに時間がかかると言う事です。

なぜなら、ローンの残りの金額が減っていけば、毎月返すお金も減っていくのです。ですから、なかなか最後まで返しきるまでに、時間がかかるのです。

その分、利息も払わなければいけませんよね?

ですから、時間を計るし、借りた金額より多くのお金を払わなければいけない仕組みになっています。カードローンで500,000借りた時は、こういったことを、よく理解して、お金を返して行くし美玲ションを行った方が良いでしょう。

そうすることによって、効果的に、有利な返済方法を選ぶことができると思います。

借りるには審査がある

今すぐ500,000誰かから借りたい人にとって、少し問題になるのは、カードローン外車等の審査です。

カードローンや消費者金融で借りようと思っても、必ず絶対貸してくれるとは限りません。もちろん、きちんとした返済計画を立てていたとしても、借りるための審査に通らなければ、借りることができないんです。

今50万円を誰かから借りたい人にとって、あなたの年収や、どのような仕事をしてる間によって、審査の方法が違っていくと思います。

今あなたは500,000円を借りたいだけですよね?

その金額を考えると、消費者金融のカードローンだと、借りたい金額としては高額になりますね。一方、銀行が発行しているカードローンでは、定額だと言う感じです。

そのため、専業主婦の方など収入がない人、あるいは派遣外車やパートさんなどの、収入が低めの方、サラリーマンでも年収が低めの方と言う人は、銀行カードローンの方がいいかもしれませんね。

そうすると、収入で審査をされるときの、限度額減少を避けることができるからです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする